ヒトリグラス

快適な一人暮らしを応援したいと思っております。

一人暮らしと姿勢。(1)


f:id:torikura:20150703215518j:plain

姿勢について提案させていただきます。

背筋を伸ばしましょう。
猫背や前傾姿勢にはこのようなデメリットがあります。

肩や腰を痛めやすい

悪い姿勢のほとんどは前傾姿勢です。
首や背中の一部の筋肉にだけ負担が集中して疲労しやすく、それを庇ってさらに悪い姿勢になってしまいます。
そうなると

長時間同じ動作をする
滅多にしない動作をする

といった場面で肉離れや筋肉疲労などを起こして、パフォーマンスの低下を招きます。

筋肉が弱る

上体を腹圧で支えるようになるため、姿勢を支える筋肉の使用頻度が低下します。
使っていない筋肉は当然筋力が低下し、より悪い姿勢になってしまいます。

呼吸が浅くなる

背中が丸くなることで、腹圧が上がり横隔膜が下がりにくくなります。
吸い込む空気の量が低下してしまうと、手先に余裕が無くなり細かい作業がうまくできなくなります。
また、全身の筋肉も軽いアイドリング状態になって、疲れやすくなります。


上記は身体的なデメリットですが、一番良くないのはやはり

他人からの見た目が極端に悪くなる

ことです。
食事などの日常的な動作の時などは、なかなか意識できません。


f:id:torikura:20150703215611j:plain



一人暮らしは自分で自分を管理しなければなりません。
ちょっとした動作でも、姿勢が悪いだけでマイナスイメージを与えてしまい「これだから一人暮らしは…」といった定番のお小言を頂戴する羽目になるかもしれません。

どんな時でも正しい姿勢で過ごす癖を付けましょう。

続きます。