読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトリグラス

快適な一人暮らしを応援したいと思っております。

一人暮らしとお弁当。(15)


f:id:torikura:20160323193415j:image
引き続き、お弁当について提案させていただきます。
厚焼き卵を作っています。


3、焼く
加熱された卵焼き鍋に卵液を流し込みます。
3回に分けて投入し、巻いていくことになります。
この時2回や1回ではあまり巻くことができず4回や5回巻くには卵液にコシがあり過ぎて、2で溶く時間を多く取る必要が生じます。
時間が無い時などは適当にかき回して1~2回の投入でいい加減な厚焼き卵を食べるのも選択肢のひとつです。

流し込んだ卵液の表面が生焼けの液体のうちに巻いてしまいましょう。
加熱されて固まってしまうと巻くことができません。
また、具材を巻きこんで焼くなら一回目に流し込んだタイミングで投入することになります。


4、成形
巻いた厚焼き卵を卵焼き鍋の端に寄せて形を整えます。
この時点でコンロの火を消してしまっても構いません。
余熱で充分です。


5、皿に盛る
焼き上がった厚焼き卵を平皿に乗せたらすぐに包丁でカットし、すき間を作って並べてください。
表面積が増えて熱が下がりやすくなります。


6、盛り付け
冷めたらお弁当に入れます。
以前申し上げたように汁気の多いオカズの隣に置くなど、オカズ同士の仕切りに使うのも良いでしょう。


これで美味しい卵焼きをお弁当のオカズに使うことができるようになりました。
あなた自身に「厚焼き卵の入ったお弁当を作る機能」を付与することに成功したのです。
スキルアップしていきましょう。


続きます。