読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトリグラス

快適な一人暮らしを応援したいと思っております。

一人暮らしと時間の使い方。(50)


f:id:torikura:20160720202550j:image
引き続き、時間の使い方について提案させていただきます。
輪になっていて物干しスタンドに干せない大きな衣類を素早く乾かしたいです。
前回、袋型は簡単に干せるみたいなことを申し上げました。

今度は筒型です。
しかし、どうしましょう。
輪になっていて物干しスタンドに干せない大きさの筒型の衣類の干し方を考えてみましたが、そもそもそんな衣類ってあるんでしょうか。
色々考えてみましたが布団カバーの袋型が圧倒的に多く、底が抜けた筒型の衣類が思い付きませんでした。
鯉のぼりとか吹き流しとかを洗濯機で洗うことってあるんでしょうか。

とはいえ自分で言い出したことなのでどうにかします。

輪になっていて物干しスタンドに干せないほど大きい筒型の衣類
やはりキャスター付きハンガーラックに干すことになります。

袋型と違って、どうやっても引っ掛かってくれないので止むを得ず洗濯バサミを使うことになります。
こんな感じでしょうか。

f:id:torikura:20160720202758j:image

f:id:torikura:20160720202805j:image
洗濯バサミで挟んでいる部分が、ほんの少しだけ乾きにくいです。
ある程度のタイミングで、挟んでいる場所をちょっとだけズラしてください。
これで最速で乾くと思います。

思うんですが、そもそも輪になっていて筒型で大きい物というのがどんな衣類かも想定していないので「思う」としか言えません。
他の大抵の物は鳥倉自身で試したものなのですが、こればかりは試すより先に現物を用意する必要がありました。

そこで捨てる予定だった既製品の布団カバーの底を切り開いて筒型にしてみました。
この筒型の布団カバーを2週間ほど洗濯して干し、良さそうな方法を上に記した次第です。

何かのお役に立てれば幸いです。
実験が終わったのでこのカバーはウェスになりました。
次は衣服が素早く乾く干し方を考えてみました。
続きます。