読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトリグラス

快適な一人暮らしを応援したいと思っております。

第616回 一人暮らしと石油ストーブ。(6)

石油ストーブ。


f:id:torikura:20161025221039j:plain

引き続き、石油ストーブについて提案させていただきます。
前回、自家用車で通勤する場合の灯油の取り回しについて申し上げました。

自転車で通勤している場合

あまり大きなポリタンクを運べません。
カゴや荷台に載るサイズに限定されてしまいます。
また、空のポリタンクといえど自転車に載せたままにするわけにもいきません。
そうなると職場に置く場所を用意しなければならず、当然臭いと場所に気遣う必要があります。
少し難しいかもしれません。

徒歩で通勤している場合

困難を極めます。
携行できる大きさや重さとなると容器も含めてせいぜい2~3kgとなり、買い出しの頻度も上昇します。
また、やはり臭いと場所への配慮は必要です。
これが電車による通勤だった場合は車内に可燃物も持ち込むことにもなる為、より難しいと思われます。
割りきって配達のみでやりくりする方が良いかもしれません。
割高になりますが、徒歩通勤+灯油ストーブの生活の為のコストと考える方が現実的かもしれません。

上記どちらも油滴の付着に注意する必要があるため、やはり自動車通勤の場合と同じように袋を洗い換えしながら使うのをオススメします。

続きます。