読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトリグラス

快適な一人暮らしを応援したいと思っております。

第680回 一人暮らしと仕事の覚え方。(75)

仕事の覚え方。


f:id:torikura:20161229224540j:plain

引き続き、仕事の覚え方について提案させていただきます。
接客業に就いた場合の注意点です。
会社に害をもたらす悪い社員の話をしています。

前回、ある男性社員が募金箱からお金抜いてる疑惑発生からあらゆる記録を調査することになりました。
その結果、このようなことが発覚しました。

厨房から食材の持ち去り
有料TV視聴料金の着服
客室料金を操作して差額を着服
夜勤中に客室の利用状況を操作して未使用の部屋で休憩

などなどです。
それぞれの手口と発覚の経緯をご紹介したいと思います。

厨房から食材の持ち去り

元々、料飲部門から「食材・料理の帳尻が合わない時がある」という報告を受けていました。
しかしレストランもシフト制の為か、なかなか管理がうまくいかず誰かが作り間違えた・持ち帰った・発注し忘れた…とスタッフ同士が疑心暗鬼になっていたそうです。

手口は簡単でした。
夜間はごく稀に宴会部門が泊まり込むことがあるぐらいで、基本的にホテル内にいるのは宿泊客とフロント夜勤スタッフだけです。
深夜に厨房に入り込んで倉庫にある食材や冷蔵室にある下拵えの済んだ食材、調理済みのオードブルなどからつまみ食いしたり持ち帰っていたりしていたようです。

発覚の経緯としては、課長が募金箱の件が起きたのと同時に料飲部門に「残量が明らかにおかしい時は可能な限り記録に残しておいてほしい」旨を伝えていたので、あとは件の男性社員の夜勤のシフトと照らし合わせるだけでした。
その結果見事に合致していました。

続きます。
いつも特に何も決めずに一枚絵を描いていますが、出来上がってみたらどこからみてもローストビーフだったので困惑しています。