読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトリグラス

快適な一人暮らしを応援したいと思っております。

第694回 一人暮らしと機能。(44)


f:id:torikura:20170112221045j:plain

引き続き、機能について提案させていただきます。
機能という面からカレーライスの立ち居振舞いを見直しています。
前回、カレーライスを完全に混ぜてから食べることの是非を問いたいと申し上げました。

最初に鳥倉個人では、最初に全部混ぜてしまう食べ方に否定的です。
これは見た目やマナーなどとは少し違う理由です。

食べ物には「味」や「触感」・「温度」といった機能があります。
カレーライスにはカレーとライスの味、カレーソースや米粒の舌触り、しっかりと煮込んだあと少し落ち着いたカレーソースの温度と空気を含んだ米の温度などなど。
食べ物としての様々な機能がカレーライスという料理ひとつの中に含まれています。

例えば味なら、詰まるところスプーン1口分に含まれるカレーソースとライスの割合です。
どんな食べ方をしても(カレー)0:100(ライス)から(カレー)100:0(ライス)までの間の1本の直線上のどこかにあるカレーを食べることになります。

続きます。