読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトリグラス

快適な一人暮らしを応援したいと思っております。

第781回 一人暮らしと寝る。(30)


f:id:torikura:20170409231700j:plain

引き続き、寝るについて提案させていただきます。
前回、朝起きるためには明るさで起きる方法があると申し上げました。
他にもこのような方法があります。

尿意で起きる

おしっこしたくなったらさすがに寝ていられないと思うのです。
そこで、就寝前に水を飲んで翌朝起きなければならない時間ピッタリに「看過できないレベルのおしっこいきたい」感を覚えるように調節すれば、ノーコストで毎朝ちゃんと起きられます。

しかし、オススメはできません。
とても難しいのです。
排尿反射が起こるには体内の水分量が関係します。
就寝前に摂取した水分量と就寝中の発汗で失う水分量の差が反射が起こすタイミングを翌朝の起床時間に会わせる必要があります。

部屋の温度や湿度・体質・就寝前の行動・食事の際に摂取した水分量・季節による発汗の量の違いなどなどの条件にそれぞれブレがあり「○○すれば朝起きられる」という決定的な方法がありません。

例えば、ダイエットのカテゴリーで申し上げたように就寝前に有酸素運動をした場合、夏場と冬場では汗の量が違います。
一人暮らしと秘密ダイエット。(5) - ヒトリグラス
そのあとの入浴でもサッとシャワーを浴びるのと湯船にしっかり浸かるのでも違うでしょう。
部屋の温度が高ければたくさん汗をかきます。

上記の条件は毎日自分の体調と相談して就寝前のコップ一杯の水で調節しなければなりません。
しかしながら、規則正しい生活に努め、毎回同じコップを使用して飲む量の把握ができれば少し簡便になるかもしれません。
寝る前に今朝起きる際の尿意と昨晩飲んだ水の量を思い出し、調節しながら水分を摂取してみましょう。
繰り返していくことでちょうど良い時間にスッキリと起きられるようになります。

続きます。
割とどうでも良いことですが、引用した過去の記事がほぼピッタリ2年前の更新だったことに少し驚いています。
思えば遠くへ来たもんだ。
1円にもならないブログをコツコツ続けているのも、人としてどこか問題があるからなのかもしれません。