読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトリグラス

快適な一人暮らしを応援したいと思っております。

第795回 一人暮らしとカレー。(16)


f:id:torikura:20170423231451j:plain

引き続きカレーについて提案させていただきます。
小麦粉と市販のカレールーでカレーを作ろうとしています。

5、加熱する

粗みじん切りにしたタマネギを耐熱ボウルに入れ、ラップをかけてレンジで加熱してください。
1000wでも600wでもだいたい7~8分ほどです。
その間に鍋で肉を炒めます。
強火で焦げ目を付けてください。
どうせこれから煮込むので表面だけ焼いとけばいいですし、面倒だったら別に焼かずにそのまま放り込んで煮てしまってもとりあえずカレーは完成します。
自分の好みに会わせて、また香ばしさとか味わいとかそういう屁理屈を捏ねたい奴がやればいいんですよ。
どうせ一人暮らしなんですから。
焼けた肉は一旦バットに移してください。

鍋に更に油を加えて今度は小麦粉を炒めます。
小麦粉をカレースプーン3~4杯ほど投入して弱火にかけましょう。
強火だと焦げます。
加熱しながら鍋底に押し付けるように木ベラで捏ねながら炒めてください。
2~3分ぐらいして焼きたてのクッキーみたいな匂いがしてきたらOKです。
火を止めてください。
そのぐらいで最初にレンジで加熱したタマネギがいい感じに加熱されてると思います。
そのタマネギを炒めた小麦粉の中に混ぜてください。

タマネギの入っていた耐熱ボウルに今度はジャガイモにひたひたに水を足してまたレンジで加熱しましょう。
煮込む時間を短縮できます。
鳥倉はこの時に一緒に砂糖を入れていますが、正直言って別に入れなくても良いかもしれません。
気分で放り込んでいるだけなので、違いはわかりません。
しかし、一人暮らしの自炊なのですから自分の気のすむようにすれば良いのです。

上記の手順にフライパンを加えて

フライパンによる肉・タマネギの加熱
鍋での小麦粉の加熱
レンジによるジャガイモの加熱

を同時進行にすることもできます。

続きます。
鳥倉は今日、手順を確認するために久しぶりにカレーを作りました。
カレーという料理は「何かガッツリとした食べ物作ってる」感強いですね。