ヒトリグラス

快適な一人暮らしを応援したいと思っております。

第1095回 一人暮らしと仕事の覚え方。(159)


f:id:torikura:20180218210507j:plain

引き続き、仕事の覚え方について提案させていただきます。
「会社が粗末に扱えないほど有能な社員」についてお話しています。
前回、勝手な判断で適当に組み立ててしまうオッサン派遣社員がいたと申し上げました。
オッサンはなぜか自信たっぷりで「正義は我に有り」といった態度で、クビになったあともしつこく文句を言いに来ました。

「動作ミスなどのクレームは入っていないはずだ、何も起きていないのにクビになった」

そもそも9割以上が海外へ輸出する製品だったのにオッサンが働き始めてから2ヶ月でクレームが入る訳がない

「年上を敬え」

社長の方が年下だったから?

などなど意味不明に大騒ぎしました。
鳥倉も当時はオッサンがあんな風にキレるのもしょうがないかと考えていたように思いますが、今になって考えればまったく理解できません。

真面目に働くつもりも無く、言うことも聞かない。
当たり前の流れで職場を追われたのに自分が悪いとは微塵も思っていない。
更に派遣会社を飛び越えて派遣先の会社に一人前に文句を言いに来る。
筋違いも甚だしいです。

雇われているのなら、せめて最低限言うことは聞いておくのが当たり前の社会人です。
40越えてパートタイマーだからとかそんなことは言いたくありませんが、働き盛りでコロコロ仕事を変えるのだからそれなりの理由があるのだとしか思えません。

人間そのものに問題があるのでしょう。
続きます。

今回の更新でブログ開設から3周年となりました。
一人暮らしの基本的な疑問や障害を早期に取り除いてスタートダッシュの助けになればと考えつつも適当に適当に続けてきました。
3周年だからといってこれを節目に新しく何かを始めることは特にありません。

何か質問や疑問などございましたらこちらへどうぞ。
ご迷惑にならない程度に使わせていただきます。
https://twitter.com/fJyP15ShZmhW2rw

第1094回 一人暮らしと自炊。(64)


f:id:torikura:20180217230118j:plain

引き続き、自炊について提案させていただきます。
自炊の障害のひとつである片付けを手軽に終わらせる方法についてお話しています。
前回、ゴミ袋なんか一年分買っとけばいいよと申し上げました。
ゴミを洗いましょう。

可燃ゴミの収集日はだいたい週に2回程度ありますが、不燃ゴミや資源化物の収集日は月に1~2回ほどしか無いのが普通だと思います。
ビール・コーヒーといった缶の飲料や缶詰めなどの食品、清涼飲料水などのペットボトルや調味料・お酒などのガラス瓶をそのまま放置していないでしょうか。
内部が汚れたままではカビや害虫などが発生してしまいます。
液体なら乾ききってくれれば良いのですが、どの容器もそのまま放置していてはなかなか乾燥しません。
また、自然乾燥するためには乾いた空気が容器の内部を循環しなければなりません。
内容物によっては乾燥するまでの間に腐敗してやはり害虫などの原因になることも考えられます。

そこで、空きビンや空き缶・ペットボトルなどを洗うクセを付けましょう。
洗ったら湿気が上手く逃げていくように逆さにして放置できる場所も用意してください。
飲料・食品・調味料などを飲みきった・使い切ったなら、すぐにザッと水洗いしてひっくり返しておきましょう。

また当然のことながら水分が落ちても良い場所である必要があります。
水切りカゴが丁度良いと思います。
水回りは清潔に保ちましょう。

続きます。

明日でブログ開設から3周年になります。
こんないい加減なブログに足を運んでいただき、誠に有難うございます。
今後とも宜しくお願い致します。
twtterのアカウントを載せておきますので一人暮らしや生活・仕事の困りごと、ちょっとした疑問・雑談などをお寄せいただければご迷惑にならない程度に使わせていただきます。
多分ここから見られると思いますがあまり自信は無いです。
とりくら (@fJyP15ShZmhW2rw) | Twitter
すみません。
慣れてないです。
ダメなら「とりくら」で検索してみてください。

第1093回 忙。


f:id:torikura:20180217000219j:plain

気温が落ち着いたらお客が増えて時間が取れず、そのうえ更新も間に合わなかった。
何だよもう。

ああ、旅に行きたい。
知らない何かの記念館で知らないおみやげを買いたい。

第1092回 一人暮らしと一人暮らしに必要なこと。(11)


f:id:torikura:20180215231347j:plain

一人暮らしに必要なことについて提案させていただきます。
前回、お出掛けに必要な物を一ヶ所にまとめておくと良いですよと申し上げました。
他にもこんなものがあります。

職場の近くに住む
以前申し上げたように通勤時間を短くすることは大変良いことです。
これは働く場所と住む場所をまとめることです。
理想的なのは住み込みで働くことですが、それは一人暮らしとは言えません。
可能な限り至近距離に住むと良いです。

鳥倉は以前職場まで歩いて50秒ほどの場所に住んでいてことがあります。
生活や仕事に必要んあ用事に使える時間にとても余裕が持てました。
天気が崩れてもすぐに洗濯物を取り込みに行けますし、忘れ物もすぐに取りに戻れます。
お昼は休憩時間に自宅で食事できるため弁当を作る必要もありません。
夏場に汗をかいたらシャワーを浴びに戻ることも着替えることもできます。
雑事に使うエネルギーをかなり抑えられると思います。

ただし、勤務先にあまり近い場所に住んでいることがバレると割と面倒なことになるケースがあるかも知れません。
というのも

急に呼び出す
勤務時間外に何かの用事を頼まれる
物の置き場・駐車場といった私物をアテにされる

といったことも無いとは言えないからです。
そういったことが起こるかどうかは、ハッキリ言えばその会社の規模と民度次第です。
実家から通っている体を装っておくのも選択肢のひとつかも知れません。
その場合は各種社内の規則に抵触しないように注意してください。
そして良い会社を探しましょう。

続きます。

第1091回 一人暮らしと自炊。(63)


f:id:torikura:20180214212333j:plain

引き続き、自炊について提案させていただきます。
自炊の障害のひとつである片付けを手軽に終わらせる方法についてお話しています。
前回、…は手違いで内容ゼロで何も申し上げていませんでした。
内容が無いようナンチャッテ。
こういう手垢まみれのしょうもないダジャレをドヤ顔で言う人には気を付けましょう。
たいていは距離感のおかしい変な人です。
鳥倉は変なダジャレを言いながら、休日に何をして過ごしているのか、もし暇なら温泉に行かないか・サウナでスッキリしましょうなどと誘ってくるオッサンに「彼氏にフラれてフリーなので付き合ってくれ」と告白されたことがあります。
客商売なので大事にせずに丁重にお断りしましたが、しばらくは付きまとわれました。
自営業や個人事業主をしているとこういう人は結構います。
こんな風に声をかけて回るのは、ほとんどの場合、無職の方です。
付き合えばお小遣いでも貰えると思っているのかもしれません。

話が大きく逸れましたがそんなことは気にしません。
前々回、生ゴミ用の小さい袋は1年分ぐらいを買っとけよと申し上げました。
中ぐらいの袋もまとめ買いしておきましょう。
スーパーで買い物をした際に貰えるものを流用できるとお考えかもしれません。
しかし、回だしで入手する枚数と消費する枚数がぴったりと噛み合うとは限りません。

丁寧に自炊を進めると買い出しの回数が減り、入手する袋の枚数はグッと減ります。
そうなると、どこかの段階で在庫が切れてゴミを捨てられなくなってしまうかも知れません。
そこで、小さい方だけでなく中ぐらいの袋もまとめ買いしておきましょう。
また大きいゴミ袋も最近は有料の指定袋になっていることがほとんどです。
大きい方もまとめ買いすればいいです。
どうせゴミ袋はたいして場所を取りません。
遠慮なくいっぱい買っておきましょう。

続きます。

第1090回 一人暮らしと仕事の覚え方。(158)


f:id:torikura:20180213230805j:plain


引き続き、仕事の覚え方について提案させていただきます。
「会社が粗末に扱えないほど有能な社員」についてお話しています。
前回、ストッパーの無い人間が結構いるよと申し上げました。
こんな人もいます。

鳥倉は現在は接客業というかサービス業というか許認可を受けて何やかんやする業種に就いていますが、ある時期に工場で製造業に従事していたことがあります。
ちょっとした製品を組立→梱包するライン作業でした。
ここでもストッパーの無い人たちは割といました。

ある製品は組み立てる際に5mmほどの小さなバネを2ヶ所取り付けてカバーで挟み込みます。
このバネを「付け忘れる」「外れている」というミスは、どんなスタッフでも発生するミスでした。
当然チェックする担当者もいるので、そのままラインに流れていくことはありません。
発見次第ラインから取り出されて組立のブースに戻され、正しく組み立て直されます。

ある男性(40代後半 派遣社員、以下:A)がいました。
Aは組立を任されてからあるミスを連発していました。
上記のバネを「2個あるいは3個取り付ける」という、割と珍しいミスでした。
チェック担当者が見つけるため取引先に迷惑をかけることはありませんでしたが、同様のミスがあまりに多かったため職場長が聞き取り調査を行いました。

そこでAはこのミスに対して
小さなバネだから2~3個多目にあっても性能に問題は無いと思った
と回答しました。
何度も注意してきた職場長もこれには力が抜けたそうです。
つまり、何か文句は言われていたが自分で正しい・問題無いと思ったのでやり方は変えなかったということです。
加えて時間が長引けば残業して給料も増えると話していたそうです。

そもそもどのような製品であっても、開発の段階から綿密に設計されたものです。
それを独自の判断で勝手に仕様を変えられては堪りません。それも派遣社員にです。
すぐに派遣元にクレームを入れてクビとなりました。
当然の対処ですが、なぜかAはとても憤慨し工場に直訴に来たそうです。
こういったところもよく判りません。

派遣社員はある時期に一斉に増えましたが、そのせいか様々な種類の人達がやってきたのを記憶しています。
続きます。

第1089回 忙。


f:id:torikura:20180212231019j:plain

忙しい。
という訳ではない。
昨日のうちにだいたい終わらせたからだ。
今日はただただ寒い。
手が冷たい。
何もやる気が起こらない。

ああ、旅に行きたい。
常夏の楽園でガッツリとクーラーの効いた部屋でコタツに入りたい。