読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトリグラス

快適な一人暮らしを応援したいと思っております。

忙。


f:id:torikura:20170524222056j:plain

時間が足りないなあ。
やりたい事とやらないといけない事のバランスが取れない。

ああ、旅に出たい。
まったく予定を立てない旅に出たい。

第825回 一人暮らしと小麦粉を食べる。(17)


f:id:torikura:20170523224606j:plain

引き続き、小麦粉を食べるについて提案させていただきます。
前回、どうせなら一緒にシチューまみれになろうやと申し上げました。

市販のシチューの素無しにシチューを作れるようになれば、食材の消費期限や保管場所・管理の手間に縛られないフレキシブルなシチューを生活に取り込むことができます。
フレキシブル。
実生活で言ってみたいですよね。
フレキシブル。
絶対、柔軟性って言う方が早い手間が少ないですけどね。

それでは作ってみましょう。
実は手順はカレーとほとんど変わりません。
やり方としてはいきなりホワイトソースを作るような感じになります。
冷凍保存もできます。
せっかくだから大量に作りましょう。

今日忙しかったので、今ものすごく眠たいのです。
続きます。

第824回 一人暮らしと仕事の覚え方。(101)


f:id:torikura:20170522230344j:plain

引き続き、仕事の覚え方について提案させていただきます。
接客業に就いた場合の注意点です。
本人に自覚無く迷惑をかけるタイプのスタッフについて申し上げています。
前回、寄生虫のような社員がついに退職したと申し上げました。

退職してしばらく経ってから、ホテルの宴会部門に問い合わせのTELが入るようになりました。
これまで、宴会や会議・食事会で会場利用したお客様達からです。
お客様の会社に直接件の男性社員が出向き、会場の利用を別のホテルにするように働きかけてきたと言います。
曰く「親会社同士の関係で提携することになった」とか「内装の工事が始まる為、しばらく利用できない可能性がある」など事実と全く異なる情報を伝えて、別のホテルとの仲介をしようとしていました。

とんでもないお話です。
こんなやり方で強引に顧客を奪うのは、明らかに一線を越えた行為です。
ここでひとつ思い出しておきたいことがあります。
彼はそこそこの数の個人的な顧客を持っていました。
そのお客様はどこからともなく沸いて出てきたものなのでしょうか。
そうではありません。

彼は勤めたホテルの顧客を可能な限りひき剥がしながら職場を転々とすることで、有利な待遇でスムーズな転職を繰り返していたのです。
それが彼が個人で持っていると主張していた顧客の正体でした。
納得です。
「安いから・サービスが良いから○○を利用しろ」と言われてあちこち利用先を変えるのは総じてその程度の「お安い客」です。
度を越えたクレームや問題行為が多いのも当然でした。

このことが発覚してから市内の全ホテルに対して、彼のやり方を悪質として取り上げ、今後どのホテルも「表立って」彼を利用することを控えたと言われています。
続きます。

第823回 一人暮らしと寝る。(36)


f:id:torikura:20170521233712j:plain

引き続き、寝るについて提案させていただきます。
前回、鳥倉が体験した不眠症からくるいくつかの症状について申し上げました。
ここに「設定温度」が関わってくると考えられます。

エアコンは設定温度を指定することがほとんどです。
例えば室温を25℃に設定したとします。
冷房であればセンサーが感知する室温が25℃を上回った時には冷風を出して部屋の温度を下げようとします。
逆に暖房なら25℃を下回った時に温風を出して部屋を温めようとします。

人体に於いても同様に気温の低い環境なら体温を上昇させるために、毛細血管を収縮させて末端から熱が逃がさないようにして、また骨格筋に不随意に収縮させて熱を作り体を温めます。
逆に気温の高い環境なら体温を下げるために毛細血管の拡張して体温を外に逃がし、またエクリン腺から水分が多く蒸発しやすい汗を出すことで気化熱で体温を下げようとします。

これは人体が持つ恒常性維持機能(ホメオスタシス)の一部です。
これを調節しているのが視床下部であり、これら体の各器官を中継しているのが自律神経なのです。

例えばここで、本来なら平均37℃付近で保たれていた体温の設定温度がほんの数度下がってしまったらどうなるでしょう。

続きます。

第822回 一人暮らしとカレー。(20)


f:id:torikura:20170520225858j:plain

引き続き、カレーについて提案させていただきます。
前回、カレーを鍋から出して保存する必要性を世に問いかけました。
ということで鍋から出して保存しましょう。

ここで何も考えずに保存容器に入れて冷蔵・冷凍庫に入れてしまうのは早計です。
ここはひとつ、更に1歩踏み込んで1食分ずつ保存しましょう。
食べる際に取り分ける手間を前倒しして終わらせておくのです。
以前、このように申し上げました。
前倒し。 カテゴリーの記事一覧 - ヒトリグラス

1食分ずつ保存しておくことで、まだ保存しておきたい分量にまで加熱せずに済むため、酸化を防ぎます。
また、カレーの入った容器を開け閉めしたりスプーンやレードルなどを突っ込むことで雑菌が入り込むのを防ぐことができます。
加えて、食べる前日に食べたい量だけ解凍することもできます。

こういった利点を踏まえて、保存していきたいと思います。
続きます。
ついさっき、タマネギを消費するために大量にタマネギの入ったカレーを作ったのですが超甘いです。
甘いカレーおいしー。
そしてまたタマネギのお裾分けをGET。
今朝よりタマネギが増えたよ!
困ったよ!

第821回 一人暮らしと処理。(10)


f:id:torikura:20170519224055j:plain

引き続き、処理について提案させていただきます。
前回まで、大量に入手してしまったタマネギを食べたり保存したり捨てたりしながら処理しました。

キャベツを大量入手してしまうことがあるかもしれません。
というよりキャベツは1玉の存在感が大きいので、自分で入手する場合でも長期的な調理計画に則って消費しなければなりません。
そこに他人の都合でいきなり押し付けられると大変です。

「自分で入手+お裾分け」といった形でまるまる2玉あっただけでも、すでに面倒くさい物体になるでしょう。
普段は家計の友でも、場所は取る・割と痛みやすい・生で食べるにはひと手間必要になる(個人差があります)と結構邪魔な物体です。

体感的には一人暮らしの自炊では手付かずの2玉が自宅にあったらすでに危険信号だと考えています。
日中、仕事場でも時間を見つけてキャベツをどう使うのか考えないといけません。
必要な部分を切り出し、様々やり方で処理しましょう。

続きます。
ちなみに現在鳥倉宅にはまとめ買いしたタイミングでお裾分けが2件重なり、乾燥タマネギ8個・新タマネギ6個・葉タマネギ8個があります。
さて、どうしたものか。

第820回 一人暮らしと機能。(55)


f:id:torikura:20170518224913j:plain

引き続き、機能について提案させていただきます。
前回、歯みがきの環境を最強にしましょうと申し上げました。
様々な選択肢を踏まえて何年経っても揺らがない歯みがきをしましょう。

まずは電動歯ブラシが最適解であると申し上げましたので、その電動歯ブラシを軸として環境を作っていこうと思います。
現在、電動歯ブラシはバッテリー式が主流です。
乾電池式もあるのですが、やはり電力が低下した際のパワーの低下が気になります。
必ずバッテリー式を入手してください。

バッテリー式である限りバッテリーの劣化は避けられません。
連続使用時間が少しずつ短くなっていくことになり、数年である日突然停止してウンともスンとも言わなくなります。
そうなった時の為に、新しい電動歯ブラシを入手するまでの代替品として普通の歯ブラシも常備しておきましょう。
備えあれば憂い無しです。
また、ブラシ部分も消耗品です。
なるべくまとめて入手して、1個あたりの購入単価を下げるようにしてください。
また、最初に購入した際に製品とそのパッケージの写真をスマホなどで撮影しておくとブラシを再度入手する時に、どのメーカーの物か分からなくなるということもなくなります。

電動歯ブラシは当然ながら電気が必要です。
従って充電するための充電台があり、充電台を置くスペースと電源も必要となります。
また、充電台はコンセントに刺しっぱなしにすると僅かながら電力を消費して熱を持ちます。
このまま放置すると充電台が劣化することも考えられます。
これを回避するためには充電しない時にはコンセントから抜いておかなければなりません。

そして基本的なことですが水場が必要です。
給・排水できる場所を確保してください。
大抵は洗面所になると思います。

こういったことを踏まえてすごい歯みがきをしましょう。
続きます。