ヒトリグラス

快適な一人暮らしを応援したいと思っております。

第1188回 一人暮らしと自炊。(83)


f:id:torikura:20180522230555j:plain

引き続き、自炊について提案させていただきます。
自炊に必要な器具・家電について説明しています。
前回というか昨日は何か途中になりました。
それでも平気で途中から始めます。
そういうブログですよ。

雑菌が繁殖しやすいのはやはり複雑な構造をしているものです。
編み上げだったりそもそもの部品数が多い製品は、隙間が多いため完全に乾燥するまで時間がかかります。
入り組んだ構造の物はタオルでも水分を完全に拭き取れない場合もあります。
そして雑菌はその水分を使ってすくすくと育ってしまいます。

そこで鳥倉が色々と使ってみた結果、プレス成型とパンチの処理で製造され、パスタの湯切りにも使えるパンチングボウルが一人暮らしには一番向いているのではないかと思います。
プレス成型なら部品の重なった部分もほとんどありません。
使用後も隅々までキレイに洗えます。
ということなので一人暮らしの自炊に最適なザルはパンチングボウルがおススメです。

続きます。
ちなみに「パンチングボール」で検索するとこっちが出てきます。


f:id:torikura:20180522230630j:plain


これはザルの代わりにはなりません。
注意してください。

続きます。
一人暮らしや生活・仕事の困りごと、ちょっとした疑問などをお寄せいただければご迷惑にならない程度に使わせていただきます。
とりくら (@fJyP15ShZmhW2rw) | Twitter

第1187回 一人暮らしと自炊。(82)


f:id:torikura:20180521231652j:plain

引き続き、自炊について提案させていただきます。
自炊に必要な器具・家電について説明しています。

前回、ザルの性能なんかほとんど誤差だよ好きなヤツ使えよそれが一人暮らしだよと申し上げました。
性能的には何でも良いとはいえ押さえておきたいポイントもあります。
主に衛生面での注意点です。
以前申し上げたようにザルには編み上げとプレス成型があります。
雑菌が繁殖しやすいのは

続きます。
午後に来客が詰まりすぎて身動きが取れずここまでしか作業できなかったんですよ。
参りましたね。
どうしたもんでしょうか。

一人暮らしや生活・仕事の困りごと、ちょっとした疑問などをお寄せいただければご迷惑にならない程度に使わせていただきます。
とりくら (@fJyP15ShZmhW2rw) | Twitter

第1186回 忙。


f:id:torikura:20180520224743j:plain

忙しさはそれほどでも無いけど、二日酔いになりにくいというテキーラでも二日酔いしているようなのでじっくり何かをする気力が無い。

無い。

ああ、旅に行きたい。
メキシコに行きたい。
いや、やっぱり行きたくない。
何か怖い。

第1185回 一人暮らしと一人暮らしに必要なこと。(31)


f:id:torikura:20180519220804j:plain

引き続き、一人暮らしに必要なことについて提案させていただきます。
空間を最優先させるための手順についてお話しています。
前回、家じゅうどころか目の前にある物全てに、なぜそこにあるのか何の為にあるのか何の為に生まれて何をして生きるのかを常に問いかけ続けるが良いと申し上げました。

捨てられない・使わない物
だいたいは何かの記念品だったり思い出の品だったり、何らかの証明書だったり契約書類だったり緊急時にしか使わない物だったりと色々あります。

ほとんど使わない物
ごくまれに使うこともあるけど、普段はまったく出番の無い物です。
どんなものがあるのでしょうか。
うーん。
うん?
何か無いっけ?
うーん…。
電動餅つき機とか?
クリスマスツリーとか?
まあその辺は各自考えてください。

続きます。
今日はこれから飲み会なのでササッと書き飛ばします。
1200回近くも更新してりゃこういうことも余裕なんですよ。

一人暮らしや生活・仕事の困りごと、ちょっとした疑問などをお寄せいただければご迷惑にならない程度に使わせていただきます。
とりくら (@fJyP15ShZmhW2rw) | Twitter

第1184回 一人暮らしと仕事の覚え方。(184)


f:id:torikura:20180518204209j:plain

引き続き、仕事の覚え方について提案させていただきます。
会社が粗末に扱えないほど有能な社員についてお話しています。
前回、とってもよく働くよく訓練された従業員がたくさんいる活気のある体育系の会社がとってもよく営業していたと申し上げました。

もう少し、あと2段ほど上の話があります。
まずこの会社は何かを販売したりサービスを提供したり何らかの契約を取ったりしています。
ノルマこそありませんが、売り上げに応じて歩合で手当てが支給されます。
その売上をどんどん追求するように「草でもキメたんか?」と思うような勢いのエリアリーダーが褒めたり叱ったり激励したり手伝ったり指導したりしながら従業員を過剰な販売衝動へと駆り立てていきます。

そのノリに付いていけないひと握りの者達は自然とドロップアウトしていきます。
まさに駆り立てるのは野心と欲望、横たわるのは犬と豚。
僕にこの手を汚せというのか。
まあそんな感じでした。

更に同じノリでこのエリアリーダーに熱い指導を行う社長がいました。
この2人がコンビニなって従業員たちの熱量と回転数を上げるために色々な働きかけを行います。
また、前回申し上げたような金品の授与もこの2人から手渡しで贈られます。

さて、全社一丸となってバーサク状態でいられる理由はこの2人がみんなを引っ張っているからだとお思いかも知れません。
こんなノリに付いてこられる従業員たちばかりが、なぜ自動的に集まるのでしょうか。

続きます。

一人暮らしや生活・仕事の困りごと、ちょっとした疑問などをお寄せいただければご迷惑にならない程度に使わせていただきます。
とりくら (@fJyP15ShZmhW2rw) | Twitter

第1183回 一人暮らしと自炊。(81)


f:id:torikura:20180517223617j:plain

引き続き、自炊について提案させていただきます。
自炊に必要な器具・家電について説明しています。
前回、ザルには色々な種類があるので、ちゃんと選ぶよな?と申し上げたかな?どうかな?わかんないな?今日暑いな?

鳥倉もザルを色々使ってみたのですが、だいたいのところザルは何使っても大した違いは無いと言っていいと思うんです。
ほとんど誤差です。
この違いが我慢できないほど自炊をやりこんだらほとんど料理人だよマジで。

しかし、何でも良いとは言ってもやはり、それぞれの違いを知っておきたいと思うかも知れませんので簡単に説明するとザルは製造の仕方によって違いがあります。
大きく分けて

編み上げ
パンチ
成形

となります。
編み上げは金属や竹などの細い素材を編み込んで作るものです。
パンチは平らな材料に穴を開けて作ります。
成形は樹脂などを金型でプレスして作られています。
水を切るための道具なので性能の差はほとんど水がどれぐらい抜けやすいかとなります。
パンチで開けた丸い穴よりは編み上げでできた四角い穴の方が水が抜けやすいです。
そもそも、パンチで穴を開けてあるザルはパンチングボウルという器具で茹でたパスタなどを受けて水分をある程度残すのが目的の器具だそうです。
しっかり振れば普通に水を切ることができます。
ということなので機能の面から考えれば

編み上げのザル
パンチングボウル

の2種類を持っておけば良いということになります。
しかし、上述したようにパンチングボウルでも良く振ればそれなりに水が切れるので器具の性能で対応するよりは、自分の動作で対応しても問題無いのではないかと思います。
それがはじめに申し上げた「誤差じゃね?」ということになります。

続きます。

一人暮らしや生活・仕事の困りごと、ちょっとした疑問などをお寄せいただければご迷惑にならない程度に使わせていただきます。
とりくら (@fJyP15ShZmhW2rw) | Twitter

第1182回 一人暮らしと一人暮らしに必要なこと。(30)


f:id:torikura:20180516230652j:plain

引き続き、一人暮らしに必要なことについて提案させていただきます。
空間を最優先させるための手順についてお話しています。
前回、いらない・使わないものはさっさと捨てろバカあっちいけと申し上げました。
普通に生活していても、いらなくなる・使わなくなるものはたくさんあります。
しかし、それをすぐに追い出せるかというとなかなかそうはいきません。
未練が残ったり判断がつかなかったり日取りが会わなかったりすることもあります。
それでも可能な限り目の前から追い出すように手配してください。
その空間を使って新しく機能的な物を置ける可能性を取り戻せます。
そのためにも定期的に身の周りを見直して大小新旧どんなものであっても「必要かそうでないか」を判断するクセを付けましょう。

あなたの部屋にも置きっぱなしにしていて風景にすっかり馴染んでしまっている物は無いでしょうか。
例えば以前、鳥倉の実家のある棚の片隅には贈答品でもらったクッキーの缶が突っ込んでありました。
10年以上その缶を見ながら育ってきましたが、ある時退屈しのぎにその缶を引っ張り出して開けてみたら何も入っていませんでした。
空っぽだったのです。
30cm×40cm、高さ15cmのその缶はただそこにずっと何の用事もないのに置いてあったらしいのです。
缶そのものも特に珍しいものでもありません。
どういうつもりなんでしょう。
家族の誰もその缶がなぜあるのか記憶に無かったのです。
「きっと何かが入っているんだろう・いつか必要になったら開けて中の物を使うんだろう」と家族のみんなが考えていたようです。

そんな風に目に入る風景の一部になってしまって捨てる捨てないを判断する候補にも挙がらなくなっているものがきっとあると思います。

まずは手持ちの空間を最大限確保することが最優先事項なのです。
家中ひっくり返してでもいらないものが無いか確認することをおすすめします。
続きます。

一人暮らしや生活・仕事の困りごと、ちょっとした疑問などをお寄せいただければご迷惑にならない程度に使わせていただきます。
とりくら (@fJyP15ShZmhW2rw) | Twitter