読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトリグラス

快適な一人暮らしを応援したいと思っております。

第738回 一人暮らしと仕事の覚え方。(85)

仕事の覚え方。


f:id:torikura:20170225223212j:plain

引き続き、仕事の覚え方について提案させていただきます
接客業に就いた場合の注意点です。
会社に有害な社員のお話をしています。
懲戒解雇された男性社員の横領の手口をご紹介しています。

夜勤中に客室を仮眠室として使用して休憩した手口の続きです。
前回、件の男性社員が客室をこっそり変更させることで作った未使用の客室を仮眠室として使っていたと申し上げました。
もっと悪質なやり方が判明しました。

客室料金の設定・操作

という裁量権を使ったやり方です。
手口はこうでした。

1、飛び込み客を待つ

予約の無い客なら、その場で料金を設定できます。

2、かなり高めの料金を提示する

これは今回の手口だけでなく、売り上げUPの為によく行われます。
客室料金は予め定価を設定してありますが、こんなものはあって無いようなもので、「大きめの部屋です」とか「ベッドのサイズが…」「間取りが…」などいくらでも理由をデッチ上げられます。
残り少ない部屋を高く売るか、稼働率を上げるために安くするかはその時の担当者の気持ちと、ホテルの姿勢が攻めか守りかに左右されるのです。
俗にいう「足元を見る」というやつです。

続きます。