読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒトリグラス

快適な一人暮らしを応援したいと思っております。

第769回 一人暮らしと処理。(3)


f:id:torikura:20170328225119j:plain

引き続き、処理について提案させていただきます。
親切なのか嫌がらせなのか山ほど押し付けられた大根をどうにか処理しようとしています。
前回、かさ張るくせに傷みやすい葉の部分をどうにかしました。

大根の皮の処理

なんと大根には皮があります。
そして食べられます。
皮の部分は大根という生き物が外界から自分を守る為に強く固く出来ています。
不要な物を寄せ付けないように出来ているため、味や旨味が浸透しにくいので煮物にする場合にはこの皮を取り除く必要があります。
しかし、大根おろしなどには問題無く使えるので、煮物にする場合だけ除去することになります。
生食や浅漬けにもできます。
細切りにしてキンピラやサラダとして食べることもできます。

しかしながら、大量に入手してしまった場合は話が違います。
そもそも大根の皮を使って作れるレシピのほとんどは内側の実質の部分でもできます。

そこであまりにもたくさん貰ってしまったら、鬼皮あたりまでガッツリ剥いて捨ててしまいましょう。
どうせたくさんあるんです。
全体の量をよく見て「多すぎる」と感じたら躊躇せずに捨ててしまいましょう。

続きます。